障害者手帳取得のメリットデメリット

自分の障がいを理解し、自己理解を深めることは就職に際してとても重要なことです。

また障がい者雇用での就労が可能になります。

しかし絶対に手帳を取らないといけないというわけではありません。

障がい者手帳のメリット・デメリットについて

◇そもそも障害者手帳とは?

障害のある人に交付される手帳で、障害を証明する大きな役割を果たしています。

手帳は3種類に分けられており、障害により取得できる手帳が異なります。

  • 身体障害者手帳

身体障害のある人に交付される。

  • 精神障害者福祉保健手帳

精神障害(発達障害を含む)、依存症、高次機能障害の人に交付される。

  • 療育手帳

知的障害があると判定された人に交付される。

障害者手帳のメリット

・障害者雇用で就労することができる。

障害者雇用で働く一番大きなメリットは「障害に対し合理的配慮をしてもらい、安心して働くことができる」ということです

ここが一般的な雇用と大きく違うところです。

障害者雇用は基本手帳がないと雇用してもらうことはできません。

・各種福祉サービスが受けられる。

就労移行支援事業所や就労定着支援など、手帳があれば福祉サービスをスムーズに受けることができます。(なくても医師の診断書でサービス受給もできます)

また手帳を取得していると障害者就業・生活支援センターで働くことから生活のことまで幅広く相談に乗ってもらうことが可能です。

障害者手帳のデメリット

・大きなデメリットはない

障害者手帳を取得することで、損することはありません。しかし障害者と認定されてしまうことへの抵抗感がある人にはそこが大きなデメリットかもしれません。

手帳を取得したら障害者雇用でしか働けないということもありません。

一般企業での就職も本人が希望すれば可能ですが、障害特性による配慮は受けられないと思っておいたほうがいいでしょう。

また障害者手帳は交付まで約1か月ほど所要するので

障害者雇用を希望している人でまだ取得していない人に関しては

早めに準備しておくことが大切です。

交付の手順などわからないことがあれば職員が説明したしますので、

現在手帳を取得していない、就労移行支援事業所を利用したい方もお気軽に

お問い合わせくださいね☆

事務所案内

利用開始までの流れ

  • 資料請求

    ご希望の事業所の詳しいご案内をお送りします。見学や個別相談、オンライン個別相談からでもOKです。

  • 見学・相談

    実際に来所して頂き、事業所の雰囲気を見てもらったり、お話を伺わせて頂きます。オンラインも可能です。

  • 体験利用

    ご自身のご都合に合わせて体験できます。見学時にご希望があれば、そのまま体験して頂くことも可能です。

  • 手続き

    利用の際には、お住まいの市区町村の役所で手続きが必要となります。不安な方は同行しますので、ご安心下さい。

  • 利用開始

    契約手続き、利用についてのご説明をします。あなたに合った計画を相談しながら一つずつ決めていきます。

少しでも気になったら...

お電話からもお気軽に
ご連絡ください

受付時間:月~土曜 9:00-18:00

全国に繋がる
就労支援ネットワーク

就労移行支援ラ・レコルトは一般社団法人社会福祉支援研究機構に加盟しております。同機構に加盟する就労移行支援事業所は全国で多くの就職実績を出していますので、安心してご利用ください。

全国地図