お金の基本!

こんにちは

初めまして就労移行支援事業所 ラ・レコルト枚方の浅香です。

徐々に暖かくなり、少し春の兆しが感じられる季節となってきましたね。

例年であれば花見や新しい年度ということでパーっとした気分になれるものですが

コロナ禍ではなかなかそうもいきませんね。

コロナ禍で「おうち需要」が増えたことによって

お金が貯まった!という人もいれば逆に出かけることは減ったはずなのに

お金を使う頻度が増え貯金ができていないということもよくニュースなどで目にします。

今日は「お金の使いかた」について考えて行こうと思います。

まず発達特性などで

「ついつい衝動買いがやめられない・・・」

「お金をすべて使ってしまう」

「何にどのくらいのお金が必要なのか先を見通すことが苦手である」

という方もいらっしゃると思います。

まずは自分自身のお金に対する意識を変えていきましょう。

収入と支出の確認から。

自分が現在一か月に使えるのかを把握することから始めます。

人により障害年金を受給していたり、生活保護であったり、お小遣い制であったり様々だと思います。収入はすべて使っていいものではありません。

収入-生活費-貯金=自由に使えるお金

となります。

ここで間違いやすいのが生活費と自由に使えるお金を混ぜて考えてしまうこと。

例えばお菓子を食べることやお酒を飲むことが娯楽になっている方は

「食品」として生活費の中から計上してしまうことが多いようです。

あまりにも頻度が多い場合は「自由に使えるお金」から支払うようにしましょう。

生活費とはあくまで生活に必要不可欠な最低限のものだけにしましょう。

また貯金も無理のない範囲で継続できる金額に設定しましょう。

結局お金が足りず貯金に手を出すことによって

貯金を使う罪悪感が減りどんどん使ってしまうきっかけになってしまうからです。

衝動買いがやめられない・・・

お金が入ればすぐ散財してしまうという話を事業所ないでも一番おおく耳にします。

買い物をすることでストレス発散になり、また手に入れられた幸福感から

人間ついつい無駄なものを買ってしまうものです。

まずは財布に無駄なお金を入れないこと。

一週間ごとなどで自由に使えるお金や生活費を決めてその額だけ財布に入れておくことで

無駄遣いを防ぐことができます。

もし使いすぎても翌週のお金には手をつけず、その週のみでやりくりする癖をつけることで

無駄なものを買いすぎて週末はおかずなしでお米のみ・・・なんてことになることを

避けられます。

先を見通すことが苦手な人もまずは自分がどのくらいお金を使っているかを把握し、

足りる分だけ毎週準備しておけば楽ですよ。

ラ・レコルト枚方では生活に関するワークも多く取り入れています。

ぜひなんでもご相談ください。

事務所案内

利用開始までの流れ

  • 資料請求

    ご希望の事業所の詳しいご案内をお送りします。見学や個別相談、オンライン個別相談からでもOKです。

  • 見学・相談

    実際に来所して頂き、事業所の雰囲気を見てもらったり、お話を伺わせて頂きます。オンラインも可能です。

  • 体験利用

    ご自身のご都合に合わせて体験できます。見学時にご希望があれば、そのまま体験して頂くことも可能です。

  • 手続き

    利用の際には、お住まいの市区町村の役所で手続きが必要となります。不安な方は同行しますので、ご安心下さい。

  • 利用開始

    契約手続き、利用についてのご説明をします。あなたに合った計画を相談しながら一つずつ決めていきます。

少しでも気になったら...

お電話からもお気軽に
ご連絡ください

受付時間:月~土曜 9:00-18:00

全国に繋がる
就労支援ネットワーク

就労移行支援ラ・レコルトは一般社団法人社会福祉支援研究機構に加盟しております。同機構に加盟する就労移行支援事業所は全国で多くの就職実績を出していますので、安心してご利用ください。

全国地図