熱中症対策

ラ・レコルト枚方の浅香です。

夏がすぐそこまでやってきているような、

そんな日差しが感じられる日が増えてきたように思います。

今日はそんな暑さに慣れていない今の時期だからこそ気をつけたい、熱中症対策についてお話します。

熱中症とは??

熱中症は、気温が高いことなどで、身体の中の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体の調整機能が正常に働かなくなることによって引き起こされます。
人の身体は、常に熱を作り出す一方、汗をかいたり、皮膚から熱を逃がすことで、体温の上昇を抑えています。

このような体温の調節機能がうまく働かず、体内に熱がこもり、体温が異常に上昇することで熱中症は起こります。
重症化すると死に至る可能性もありますが、正しい知識と適切な行動で防ぐことができます。また、応急処置を知っていれば、命を救うこともできます。

応急処置について

  • 場所を変える(移動する)

●日陰に移る

●涼しい場所に移る

●冷房の効いた室内に移る

   

熱中症は体に熱がこもった状態なので、その熱を放出しなければいけません。

とにかく「熱を避ける」ようにしましょう。

  • 体を冷やす

体にこもった熱を逃がすためには、身体を冷やすことが大切です。

そこで、まずは衣服を緩めて通気性をよくしましょう。 

うちわなどで扇ぎ、涼しい空気をからだ全体で感じれるように風を通す。

場合によっては素肌に水をかけたり、冷やしたタオルを当てたりすることも有効。体を冷やすには濡らしたタオルや氷嚢などを首回りや脇下、足の付根に当てて冷やすことが効果的です。

  • 水分補給する

大量に汗が出て水分と塩分が失われた状態です。スポーツドリンクや経口補水液でバランスの良い水分補給をしましょう。水だけだと血中の塩分濃度が薄くなって手足のけいれんが起こる可能性もあります。

●水分補給の注意点

水分補給をする時には「意識確認」が必要です!

意識がハッキリしていないのに水分補給をすると、水分が気道に入り危険な場合があります。

自分の手でしっかりと持って、自分の意思で水分補給できることが重要です。無理やり飲ませることは止めましょう。

また、吐き気や嘔吐がある時は「胃腸が弱っている証拠」なので、病院での点滴が必要だとされています。

救急搬送について

●呼びかけに反応しない

●反応がおかしい

●自分で水分補給ができない

●体がすごく熱い

上記の状態の時、応急処置をしても状態が変わらない時は迷わず、『119番』救急車を呼びましょう!!

自分の身は自分で守る事はもちろん

大切な人を守るためにもぜひ覚えておいてくださいね☆

事務所案内

利用開始までの流れ

  • 資料請求

    ご希望の事業所の詳しいご案内をお送りします。見学や個別相談、オンライン個別相談からでもOKです。

  • 見学・相談

    実際に来所して頂き、事業所の雰囲気を見てもらったり、お話を伺わせて頂きます。オンラインも可能です。

  • 体験利用

    ご自身のご都合に合わせて体験できます。見学時にご希望があれば、そのまま体験して頂くことも可能です。

  • 手続き

    利用の際には、お住まいの市区町村の役所で手続きが必要となります。不安な方は同行しますので、ご安心下さい。

  • 利用開始

    契約手続き、利用についてのご説明をします。あなたに合った計画を相談しながら一つずつ決めていきます。

少しでも気になったら...

お電話からもお気軽に
ご連絡ください

受付時間:月~土曜 9:00-18:00

全国に繋がる
就労支援ネットワーク

就労移行支援ラ・レコルトは一般社団法人社会福祉支援研究機構に加盟しております。同機構に加盟する就労移行支援事業所は全国で多くの就職実績を出していますので、安心してご利用ください。

全国地図