『自己発信』の訓練⁉️ 

企業実習や実際の面接場面で、担当される方から尋ねられる事に…

「自己発信が可能な方ですか」とよく確認されます。

どんな意図で聞かれるのでしょうか

企業実習が終わった後で、支援員から『教えてもらえませんか』と尋ねてみたところ、いくつかご返答くださいましたので紹介します。

① 自分から『しんどい・つらい』と言ってくれないと会社側から、推し測る事は出来ません

  ➡️ 体調の不良などは、自分から教えてほしい

② 何がわからないのか言ってくれないと分からない

  ➡️ 不明をそのままにせず、自分から聞く事は必要なスキル

③ 指示や助言を一方通行で終わらせず、応答して欲しい

  ➡️ コミュニケーションとはキャッチボール。行ったり来たりの繰り返しが必要

④当たり前のマナーを守れる

  ➡️ 挨拶やクッション言葉など基礎的なビジネスマナーは必要

などなど 教えて下さいました。

自分の現状や、今いる立ち位置が理解していないと、自己発信が難しいようです。

また、習慣化出来ていないと、すぐに実行できないようです。

つまり…

自己発信を就職後、円滑に仕事をすすめるためには『何を、どの様に伝えると良いのか』理解出来た方が良い様です。

実習や就職後に困らないように、レコルトで自己発信の訓練を取り組みませんか

・毎日の朝夕礼時の自己発信

・訓練時間内の自己発信

・在宅からの電話報告

たくさんの練習機会を準備していますので、就職後に安心できるのではないでしょうか❓

興味を持たれたら

お問い合わせ、お待ちしています。

事務所案内

利用開始までの流れ

  • 資料請求

    ご希望の事業所の詳しいご案内をお送りします。見学や個別相談、オンライン個別相談からでもOKです。

  • 見学・相談

    実際に来所して頂き、事業所の雰囲気を見てもらったり、お話を伺わせて頂きます。オンラインも可能です。

  • 体験利用

    ご自身のご都合に合わせて体験できます。見学時にご希望があれば、そのまま体験して頂くことも可能です。

  • 手続き

    利用の際には、お住まいの市区町村の役所で手続きが必要となります。不安な方は同行しますので、ご安心下さい。

  • 利用開始

    契約手続き、利用についてのご説明をします。あなたに合った計画を相談しながら一つずつ決めていきます。

少しでも気になったら...

お電話からもお気軽に
ご連絡ください

受付時間:月~土曜 9:00-18:00

全国に繋がる
就労支援ネットワーク

就労移行支援ラ・レコルトは一般社団法人社会福祉支援研究機構に加盟しております。同機構に加盟する就労移行支援事業所は全国で多くの就職実績を出していますので、安心してご利用ください。

全国地図